若林隆久@経営×教育×地域×育児

高崎経済大学地域政策学部准教授の若林隆久のページです。経営学、組織論、ネットワーク論を専門とする研究者・大学教員が、研究、教育、学内外での活動、本・論文、地域、子育て、などについて書いていきます。

若林ゼミでこれまでに使用したテキスト

若林ゼミでこれまでに使用したテキストです。すべての部分を使用していない場合もあります。

2021年度

前期3・4年生(6・7期生)

2020年度

前期3・4年生(5・6期生)

後期2・3年生(6・7期生)

  • 麻野耕司(2019)『THE TEAM:5つの法則』幻冬舎.

2019年度

前期3・4年生(4・5期生)

  • 杉浦正和(2017)『入社10年分のリーダー学が3時間で学べる』日経BP社.
  • 木下斉(2009)『まちづくりの「経営力」養成講座』学陽書房.

後期3・4年生(5・6期生)

  • ジャスパー・ウ(2019)『実践 スタンフォード式 デザイン思考:世界一クリエイティブな問題解決』インプレス.
  • クリス・ギボレー(2015)『1万円企業【文庫版】:片手間で初めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』飛鳥新社.

2018年度

前期3・4年生(3・4期生)

  • 服部泰宏 (2016)『採用学』新潮社.
  • 上林憲雄 編 (2015)『ベーシックプラス 人的資源管理論』中央経済社.
  • 戸田山和久 (2012)『新版 論文の教室:レポートから卒論まで』NHK出版.

後期3・4年生(3・4期生)

後期2年生(5期生)

  •  高橋俊之・舘野泰一 編(2018)『リーダーシップ教育のフロンティア【実践編】』北大路書房.
  • マイケル・マッツェオ、ポール・オイヤー、スコット・シェーファー(2015)『道端の経営学:戦略は弱者に学べ』ヴィレッジブックス.

2017年度

前期3・4年生(2・3期生)

後期3・4年生(2・3期生)

  • 尾原蓉子(2016)『グローバリゼーションとデジタル革命から読み解く:Fashion Business 創造する未来』繊研新聞社.

2016年度

前期3・4年生(1・2期生)

  • 稲葉祐之・井上達彦・鈴木竜太・山下勝 (2010)『キャリアで語る経営組織:個人の論理と組織の論理』有斐閣. 第4章~第12章.
  • 酒井聡樹 (2007)『これからレポート・卒論を書く若者のために』共立出版.

後期3・4年生(1・2期生)

  • 辻中俊樹・櫻井光行 (2015)『マーケティングの嘘:団塊シニアと子育てママの真実』新潮社.
  • ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 編 (2016)『自分を成長させる極意:ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選』ダイヤモンド社.
  • 松井剛・西川英彦 編 (2015)『1からの消費者行動』碩学舎.

後期2年生(3期生)

2015年度

前期3年生(1期生)

後期3年生(1期生)

後期2年生(2期生)

  • 新井和弘・坂倉杏介 (2013)「ディベートとグループ学習」『アカデミック・スキルズ グループ学習入門:学びあう場づくりの技法』慶應義塾大学出版会.
  • マイケル・サンデル『それをお金で買いますか:市場主義の限界』早川書房.
  • 稲葉祐之・井上達彦・鈴木竜太・山下勝 (2010)『キャリアで語る経営組織:個人の論理と組織の論理』有斐閣. 第1章~第3章.

2014年度

後期2年生(1期生)