若林隆久@経営×教育×地域×育児

高崎経済大学地域政策学部准教授の若林隆久のページです。経営学、組織論、ネットワーク論を専門とする研究者・大学教員が、研究、教育、学内外での活動、本・論文、地域、子育て、などについて書いていきます。

高崎経済大学

2019年度 経営分析・若林 確認テスト(第9回実施)

第9回に実施した確認テストの問題・解答は下記の通りです(Ⅰの穴埋め問題のみ赤字で正答例を示しています)。 Ⅰ. 次の各文章について、空欄にあてはまる適切な語句を書き込みなさい。ただし、同じアルファベットの空欄には同じ語句が入ります。 ① ROEは、Ret…

2019年度 経営分析・若林 確認テスト(第7回実施)

第7回に実施した確認テストの問題・解答は下記の通りです(Ⅰの穴埋め問題のみ赤字で正答例を示しています)。 Ⅰ. 次の各文章について、空欄にあてはまる適切な語句を書き込みなさい。また、2つ以上の語句が書かれている際は、適切なものひとつに丸をつけて…

2019年度 経営分析・若林 確認テスト(第6回実施)

第6回に実施した確認テストの問題・解答は下記の通りです(Ⅰの穴埋め問題のみ赤字で正答例を示しています)。 Ⅰ. 次の各文章について、空欄にあてはまる適切な語句を書き込みなさい。ただし、同じアルファベットの空欄には同じ語句が入ります。 ① 資産運用の…

2019年度 経営分析・若林 確認テスト(第5回実施)

第5回に実施した確認テストの問題・解答は下記の通りです(Ⅰの穴埋め問題のみ赤字で正答例を示しています)。 Ⅰ. 次の各文章について、空欄にあてはまる適切な語句を書き込みなさい。 ① 資金調達の方法には自己資本と他人資本がある。銀行などからお金を借り…

2019年度 経営分析・若林 確認テスト(第4回実施)

第4回に実施した確認テストの問題・解答は下記の通りです(Ⅰの穴埋め問題のみ赤字で正答例を示しています)。 Ⅰ. 次の各文章について、空欄にあてはまる適切な語句を書き込みなさい。 ① 企業が利害関係者(カタカナでステークホルダー)に対して一定期間の経…

2019年度 キャリアデザイン論・若林 期末試験

2019年度のキャリアデザイン論(若林)の期末試験の問題は下記の通りでした。 出題の説明や意図 シラバスにある通り、講義の達成目標は「1. キャリアに関する基礎的な知識、概念、専門用語、考え方を身に付ける」と「2. 自らのキャリアについて主体的に考え…

キャリアデザイン論リアクションフォーム(2019年度第14回)

下記のURLのリンク先で回答してください。 https://forms.gle/r8fc9CCLHxLPLhDZ8

キャリアデザイン論リアクションフォーム(2019年度第13回)

下記のURLのリンク先で回答してください。 https://forms.gle/Z3tuExPJiQKBcqUcA

キャリアデザイン論リアクションフォーム(2019年度第11回)

下記のURLのリンク先で回答してください。 https://forms.gle/rP2axpdH5kvnuM3c7

キャリアデザイン論リアクションフォーム(2019年度第10回)

下記のURLのリンク先で回答してください。 https://forms.gle/JzJKJmxk6wTz6dUQ6

どのような経験で成長するか(2019年度第9回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。※ 講義用にやや簡略化した表現を用いていることがあります。もしも不正確・不適切な表現がありましたら…

経営学リアクションフォーム(2019年度第7回)

下記のURLのリンク先で回答してください。 ①自分の動機づけを理解する https://forms.gle/7XwfvvboUQXtmZD7A ②モチベーションに関するクイズ https://forms.gle/9YHzdbnDtZEDNzJY9

自らのキャリアアンカーを考えてみる(2019年度第6回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。※ 講義用にやや簡略化した表現を用いていることがあります。もしも不正確・不適切な表現がありましたら…

自分の人生に点数を付けてみる(2019年度第5回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。 よいキャリアとは何か、そして、どうすればよいキャリアにできるかということについて考えを深めてもら…

経営学リアクションフォーム(2019年度第4回)

下記のURLのリンク先で回答してください。 https://forms.gle/KY2x91AHcovbae878

就職活動について手取り足取り支援すべきか(2019年度第4回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。 講義に関する共通認識 第2回(講義に対する共通認識を作る(2019年度第2回) - 若林隆久@経営×教育×地…

やりきった経験と自分の選択を正解と思えるだけの努力の重要性(2019年度第3回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。 キャリアデザイン論の第3回では、高崎経済大学地域政策学部のOBをお招きして、お仕事やキャリアのお話…

「やりたいこと」がわからない?(2019年度第2回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。 2019年度第2回の経営学の講義では、イントロダクションに続く最初の内容としてキャリアを取り扱いまし…

講義に対する共通認識を作る(2019年度第2回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。 「講義に対する共通認識を作る」ことを目的として、前回のリアクション(キャリアデザイン論の講義への…

経営学の講義のイントロダクション(2019年度第1回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。 2019年度第1回の経営学の講義を行いました。履修登録前ですが、受講者は例年通り約200人ほどの模様。 I…

キャリアデザイン論の講義への学生からの期待(2019年度第1回)

※ この内容は、講義内容全体を忠実にまとめたものではなく、講義内容の一部分や講義内容に関連するトピックを取り扱ったものですので、ご注意ください。 Question & Answer(質問と回答) 第1回のキャリアデザイン論の講義で「キャリアデザイン論(若林)の…

2019年度大学講義担当予定

2019年度の大学での担当講義は下記の通り。※ 演習=ゼミ 【前期】 経営学、キャリアデザイン論、演習Ⅰ、演習Ⅱ 【後期】 経営分析、産業立地論、基礎演習、演習Ⅰ、演習Ⅱ 昨年度との変更点は、①前期・キャリアデザイン論と②後期・基礎演習(2年次ゼミ)が増え…

2018年度卒業式

粒ぞろいで仲良く活発に活動をしてくれた3期生。 卒業おめでとうございます。そして、ありがとうございました。

第6回群馬県創業支援連携会議

群馬県庁で開催された創業支援連携会議に大学からの委員として出席してきました。 私は初めての出席でしたが、創業や事業継承について活発な意見交換がなされていました。 群馬県内でも様々な主体による多様な取組みがある一方で、当然ではありますが起業す…

子どもとのコミュニケーション:読み聞かせの方法を含めて

今年度から設置された学生ボランティア活動支援室で開催された、「子どもとのコミュニケーション:読み聞かせの方法を含めて」という昼休み講座に参加してきました。 基本的なことがら(絵本の持ち方、めくり方、読み方)や準備・心構えといった読み聞かせに…

2018年度教員推薦図書

教員から学生への推薦図書(1人最大3冊)が、大学図書館2階の入口すぐの棚に配架されます。自分の書いた推薦文が様々なポップで本に付けられて紹介される様はなかなか嬉しいものです。また、他の先生の推薦された本や推薦文も興味深く拝見します。2018年度に…

2017年度卒業式

高崎経済大学でまったく同じ4年間を過ごした2期生。 卒業おめでとうございます。ありがとうございました。

2017年度教員推薦図書

教員から学生への推薦図書(1人最大3冊)が、大学図書館2階の入口すぐの棚に配架されます。自分の書いた推薦文が様々なポップで本に付けられて紹介される様はなかなか嬉しいものです。……が、次年度との入れ替わりが例年より早く2017年度分は撮影を忘れたので…

2016年度卒業式

初めて送り出す卒業生は、一緒にゼミを創り始めた1期生。 卒業おめでとうございます。ありがとうございました。

2016年度教員推薦図書

教員から学生への推薦図書(1人最大3冊)が、大学図書館2階の入口すぐの棚に配架されます。自分の書いた推薦文が様々なポップで本に付けられて紹介される様はなかなか嬉しいものです。また、他の先生の推薦された本や推薦文も興味深く拝見します。2016年度に…